初心者向け競技かるた決まり字・百人一首の覚え方

競技かるたでは歌を丸ごと覚える必要はありません。上の句の初めの言葉の一部だけで、下の句が特定できます。この下の句が特定できる上の句の初めの字を「決まり字」と言います。この決まり字を覚えることで札を速く取ることが出来るようになります。
  • かるた大会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百人一首覚え方No.100「もも」

#100
競技かるたでは歌を丸ごと覚える必要はありません。上の句の初めの言葉の一部だけで、下の句が特定できます。この下の句が特定できる上の句の初めの字を「決まり字」と言います。この決まり字を覚えることで札を速く取ることが出来るようになります。



歌番号100
上の句:「ももしきや ふるきのきばの しのぶにも」
下の句:「なおあまりある むかしなりけり」

決まり字-上の句はこの字さえ覚えればOK:「ももしきや ふるきのきばの しのぶにも」

覚え方1:「子と子」
取り札

なほあまりあるむかしなりけり


スポンサーサイト

百人一首覚え方No.99「ひとも」

#99
競技かるたでは歌を丸ごと覚える必要はありません。上の句の初めの言葉の一部だけで、下の句が特定できます。この下の句が特定できる上の句の初めの字を「決まり字」と言います。この決まり字を覚えることで札を速く取ることが出来るようになります。



歌番号99
上の句:「ひともおし ひともうらめし あじきなく」
下の句:「よをおもうゆえに ものおもうみは」

決まり字-上の句はこの字さえ覚えればOK:「ひともおし ひともうらめし あじきなく」

覚え方1:「人も世を思う
取り札

よをおもふゆゑにものおもふみは


百人一首覚え方No.98「かぜそ」

#98
競技かるたでは歌を丸ごと覚える必要はありません。上の句の初めの言葉の一部だけで、下の句が特定できます。この下の句が特定できる上の句の初めの字を「決まり字」と言います。この決まり字を覚えることで札を速く取ることが出来るようになります。



歌番号98
上の句:「かぜそよぐ ならのおがわの ゆうぐれは」
下の句:「みそぎぞなつの しるしなりける」

決まり字-上の句はこの字さえ覚えればOK:「かぜそよぐ ならのおがわの ゆうぐれは」

覚え方1:「かぜそみそ
取り札

みそきそなつのしるしなりける


百人一首覚え方No.97「こぬ」

#97
競技かるたでは歌を丸ごと覚える必要はありません。上の句の初めの言葉の一部だけで、下の句が特定できます。この下の句が特定できる上の句の初めの字を「決まり字」と言います。この決まり字を覚えることで札を速く取ることが出来るようになります。



歌番号97
上の句:「こぬひとを まつほのうらの ゆうなぎに」
下の句:「やくやもしおの みもこがれつつ」

決まり字-上の句はこの字さえ覚えればOK:「こぬひとを まつほのうらの ゆうなぎに」

覚え方1:「来ぬ人を焼く
取り札

やくやもしほのみもこかれつつ


百人一首覚え方No.96「はなさ」

#96
競技かるたでは歌を丸ごと覚える必要はありません。上の句の初めの言葉の一部だけで、下の句が特定できます。この下の句が特定できる上の句の初めの字を「決まり字」と言います。この決まり字を覚えることで札を速く取ることが出来るようになります。



歌番号96
上の句:「はなさそう あらしのにわの ゆきならで」
下の句:「ふりゆくものは わがみなりけり」

決まり字-上の句はこの字さえ覚えればOK:「はなさそう あらしのにわの ゆきならで」

覚え方1:「花誘う、ふり
取り札

ふりゆくものはわかみなりけり


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。